Author Archive

副作用ってなに?

薬がもたらす副作用には、どんなものがあるのか

薬の副作用と言う言葉をよく耳にする方も多いかと思います。
薬には、望む効果である主作用と呼ばれる作用と、どうしても出てしまう副作用と呼ばれる作用の二種類があります。

例を上げるとすれば風邪薬を服用した場合、主作用は、咳を止める、鼻水を止める等があげられ、副作用は、眠気がある、胃が荒れる等の症状があげられるでしょう。
根本的に直したい部分を直す事ができますが、その分、別の症状が現れることを、副作用と呼ぶのです。
薬を飲まなければ副作用も当然無くなりますので、風邪などの根本的な病気が治って薬を飲むのを辞めたら、その他の症状も落ち着きます。

副作用は他にも、のどが渇く、お腹を壊す、めまいや動機など、様々な症状があります。
いずれの場合も薬を飲むのを辞めたら徐々に落ち着いていきますが、しっかりと症状を治してから薬を飲むのを辞めないと、ただ副作用で苦しんで、主作用の恩恵を受けられないこともあります。

副作用は、絶対に表れる症状と言うわけでは無く、個人差がある点が特徴です。
自分自身にあっている薬を選ぶようにすることで、副作用を改善、症状を抑えることが出来ますので、一概に絶対に表れるとは言えないでしょう。

副作用が表れたときにはしっかり対処をしましょう

副作用には個人差があり、同じ眠気でも、ちょっと眠気が有る場合もあれば、睡眠薬を飲んでいるレベルで眠くなると言うこともあります。
その為、あまりにも副作用が強い場合は、もしかすると薬が有っていない可能性が高いでしょう。
そのまま無理をして飲み続けても自分が辛いだけですので、一度医師や薬剤師さんに相談をしてみることをおすすめします。

また副作用は、自分に合っている薬を飲めば、全く出ないことも少なくありません。
副作用が出るのは自分に合っていない薬を飲んでいるからかもしれませんので、どちらにせよやはり、医師や薬剤師に伝える事が大切でしょう。
ジェネリック医薬品を初め、全く違う成分で、同じ効果を得ることが出来る薬は多くありますので、そうした薬を紹介して貰える化膿性があります。

用法用量を守らない区手も副作用が起きることも

薬を飲む際には、用法用量を正しく守り飲むことが基本ですが、守らないと、それだけで副作用が起きる可能性があるでしょう。
日頃副作用が起きないと言う方で副作用が出ている方の場合は特に、用法用量を一度見直して、正しく飲んでいるか確認をしていきましょう。

用法用量の他にも、医師や薬剤師に断り無く、勝手に他の薬と合わせて飲んでいる場合も注意!
副作用が表れやすくなるだけではなく、飲み合わせの悪い薬もありますので、体に大きな悪影響を引き起こしてしまう可能性があります。