「がん」のセルフメディケーション

がんとは

従来は、胃や腸など、内臓にできる悪性腫瘍をがんと呼んでいました。
ところが、研究が進み、骨や関節、骨髄や血液の異常に関しても、がんだと類推されています。
分かりやすく言えば、腫瘍のうち、良性でない(転移の可能性がある)ものは全てがんです。

がんはなりたくてなるものではなく、ごく自然となってしまうものです。
普通は、がん細胞は免疫力ですぐに分解されてしまいますが、何らかの理由で細胞が突然変異すると、がん化します。
ですので、早め早めの検診が大切です。

がんは対処が難しいので、まだ研究途上の病気です。
今後、がんの原因となる要素が特定されれば、研究はずっと進むものと推定されます。

がんになりやすくなる原因

がんの要因を研究することで、あなたのがんのリスクも減少できます。
例えば、暴飲暴食を控え、胃や腸に負担を掛けない事が有効です。
そして、よく睡眠を取り、早寝早起きを心がけましょう。

現在の医学では、がんの解決法はまだ見つかっていません。
しかし、今後研究が進めば、がんに対する理解も進み、また新しい治療法が発見されるでしょう。
と言っても、まだまだ先の段階ですので、今できることに取り組みましょう。

がんについては、高血圧や糖尿病など、ほかの病気を罹患することで、その発生率が高くなると言われます。
元気に毎日を過ごされたいなら、日々の生活スタイルの改善に取り組みましょう。

日ごろから健康を意識し自己防衛を

がんに至るまでには、体内環境の変化や、体内細胞の老化など、いくつかのステップがあります。
がんはいまだに未知の領域ですので、個人での対策には限界があります。

がんは自己防衛が大切です。
発がん性物質の摂取を避け、よりスマートな食生活を心がけましょう。
常識を疑い、自分にできることをよくイメージしましょう。

病気にかかり、体力が低下している状態がずっと続くのががんです。
大病を経験する前に、日々コツコツと体と向き合い、適切な対応を取りましょう。

節食を心がけよう

少食や断食は、体内バランスを整える上で、非常に重要な取り組みです。
忙しい毎日を過ごしている方は、日々体に無理を掛けていると考えられます。
ですので、ハードワークを避け、塩分や油分を取り過ぎない事を意識しましょう。

節食を実施するコツは、周りの動静に耳を傾けず、自分の体内の意思を尊重することです。
そして、食事の量を抑え、腹八分目を意識しましょう。
あまり食べ過ぎないことがコツです。

がんを回避する方法として、定期的な断食が推奨されています。
高カロリーの食べ物や、脂肪やたんぱく質の多く含まれる食べ物、焦げた肉や魚など、がんを誘発する恐れのある食べ物を摂らないことも有効です。
食事に気をつけることで、がんを回避できるでしょう。

Comments are closed.