「肺炎」のセルフメディケーション

肺炎とは

肺炎は、肺に炎症が起きる病気です。
気管支炎が悪化すると、肺炎になります。

肺炎の感染原因は、細菌、ウィルス、マイコプラズマ、真菌です。
埃の多い部屋や、不潔な環境で過ごすことはやめましょう。

肺炎はいたってオーソドックスな病気ですが、古くから多くの方を苦しめてきました。
20世紀に入り、抗生物質などが開発され、より多くの方が苦痛から救われるようになりました。

現在では、肺炎のリスクはあまり考えなくても大丈夫です。
ですので、入院だけは避けるべき、と考えましょう。

油断大敵

通常、インフルエンザなどの毒性の強いウィルスでない限り、気管支で病原体が食い留められます。
ですが、そのまま放置しておくと、抵抗力が下がり、肺炎となる危険性があります。

その他に、交通事故などで肋骨が折れて肺に刺さった場合や、何らかの理由で上半身にダメージを負い、その治療をしている時も、肺炎になりやすいです。
肺炎は風邪の悪化したもの、とは考えずに、くれぐれもご用心下さい。

ちなみに、肺炎はほぼ治ります。
ですが、不摂生が祟って、再発するかもしれません。
人前を安心して出歩きたいなら、不摂生をやめましょう。

意外なことですが、肺炎は自覚症状が出にくい病気です。
多くの方が、気管支炎の時点で治療を開始しますが、ごく一部の方が気管支炎を放置した結果、肺炎を併発されます。
せきが7日以上止まらないなら、気管支炎が悪化しているかもしれませんので、お早めに病院に行きましょう。

肺炎の治療は免疫力を高め安静にすること

まず、一つの症状に着眼点をおきましょう。
次に、喘息や胸の痛みがないか確認しましょう。
最後に、最近体調に変化があったかを思い出しましょう。

肺炎のセルフメディケーションは、とにかくよく休むことです。
肺の調子は呼吸で分かりますので、動機や息切れには注意しましょう。
そうすれば、特に問題なく自己分析ができます。

肺炎対策は安静にしていることに尽きます。
人間の体は、自己免疫力によって守られています。
ですので、免疫力を高めるような行動を心がけましょう。

古来より、人は自然とともに生活してきました。
ですので、薬に頼らず、自然の力を使って肺炎に立ち向かうことが大切です。

風邪かな?と思ったら

肺炎のセルフメディケーションは、風邪対策です。
風邪を治すように、肺炎対策をしましょう。
そうすれば、肺炎にならずに済みます。

あなたが勤め人なら、病欠を申請しましょう。
風邪が職場に蔓延するよりまし、といえば、大体認められます。

近頃では、お給料のため、多少体調が悪くても会社に出勤される方もおられます。
ですが、あなたの体を守るという意味では、病欠を申請したほうがずっと良いでしょう。

Comments are closed.