「インフルエンザ」のセルフメディケーション

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウィルスが喉や機関誌などで増殖し、毒素を発生する事が原因の病気です。
症状は風邪よりずっと重く、40度以上の熱が出る事もあります。

テレビなどで盛んにインフルエンザの危険性が喧伝されていますが、実際は食中毒の方が危険性が高いです。
インフルエンザは一過性の症状ですので、ピークを過ぎれば症状は収まります。

インフルエンザは、その毒性の高さから、世界中で対策が取られています。
現在も、各国の保健所にて、国内での感染拡大の防止策が練られています。

インフルエンザは秋から冬に流行

インフルエンザにはA型、B型、C型があり、毎年異なる型のインフルエンザウィルスが流行しています。
通常は冬季に流行しますが、新型インフルエンザの場合は、夏や秋に流行します。
ですので、新型インフルエンザが流行している年は、それ専用の対策が必要になります。

インフルエンザは強毒性のウィルスであり、感染率が高く、子供やお年寄りの場合は、重い症状が出やすい特徴があります。
ですので、インフルエンザが流行している間は、いつも以上に手洗いやうがいを徹底しましょう。

秋から冬は、食中毒など、さまざまな症状が目立つ時期です。
小さなお子様がおられる方は、特に注意をしましょう。

一般的な伝染病の流行なら、都会より閑散地のほうが良いです。
理由は、伝染病への感染率が下がるからです。
といっても、インフルエンザの場合は、伝染範囲が広いので、さほど違いはありません。

発症してしまったら自力で治すことは考えない

おそらく、セルフメディケーションはほぼ不可能でしょう。
なぜなら、急に強い寒気と高熱が来るからです。

ですので、予防接種や抗インフルエンザ薬の摂取が効果的です。
なお、インフルエンザにかかったら外出は出来ません。
シーズンになったら、早めに対策を始めましょう。

一般的に知られているセルフメディケーションとして、「防寒対策」があります。
インフルエンザは冬に流行しますので、寒さで抵抗力が下がっている方は要注意です。
なるべく冬の外出は控え、適度に暖を取りましょう。

予防はうがいと手洗い

どんな病気も、口や鼻から病原体が侵入する事が主な要因です。
特にインフルエンザは感染力が高いため、十分注意が必要です。

予防ができないと感じたら、とりあえず時間を空けましょう。
そうすれば、最善の対処法が思い付くでしょう。
予防接種を打たなければならない、ということはありませんので、ご安心ください。

そのほかの予防法としては、むやみに人ごみを出歩かないことや、不特定多数の人と接触しないことがあります。
いろいろな方法で予防が行えますので、是非積極的にチャレンジしてみましょう。

Comments are closed.