「気管支ぜんそく」のセルフメディケーション

気管支ぜんそくとは

気管支に炎症が起き、呼吸が困難になる症状を気管支ぜんそくと言います。
ハウスダストやカビ、食物アレルギー等が原因で発生します。
小さいお子さんの患者が多く、高齢者の方もこの症状を訴えられます。

シックハウスなど、近頃問題とされているリスクについても注意が必要ですし、その他の症状についても、対応が求められます。
つまり、あなたの日頃の行動によって、ぜんそくを患うか患わずに済むかが決まる、ということです。

気管支ぜんそくはぜぇぜぇと言う擬音が特徴です。
気管支に痰が溜まっており、呼吸が困難になるため、こういった音が出ます。
ある程度体の機能が頑丈になれば、自力で痰を排出することが可能となります。

気管支ぜんそくが疑われたら

本当に必要な行為を厳選すれば、気管支ぜんそくの対策は簡単に行えます。
例えば、深呼吸が出来るかどうかや、気管支ぜんそくの兆候はあるかどうかの確認です。
喘息が収まらないなら、病院へ行きましょう。

冷静になって考えれば、気管支ぜんそくの問題点はすぐに判別できます。
あとは、あなたの年齢や周囲の配慮、これまでの対応方を思い出しながら、どうすれば良いのかを考えれば大丈夫です。

ぜんそく対策は、冷たい水を飲むことです。
一気飲みはせず、少しずつ飲みましょう。

一時的に体温を下げることで、心肺が収縮し、発作が治まります。
そうしたら、薬を飲むか、深呼吸をしましょう。
吸入器がある方は、すぐに使いましょう。

気管支ぜんそくは子供や老人に多い

気管支ぜんそくになりやすいのは、抵抗力の低い子供や老人です。
生まれつきぜんそくの症状がある方や、体が弱い方も、この症状に悩まされています。

どうして気管支ぜんそくになるかと言えば、抵抗力が低下していることが理由です。
寒気を感じたり、せきが止まらなかったりしたら、すぐに病院に行きましょう。
そして、ぜんそく用の薬は、病院で処方してもらいましょう。

薬さえあれば大丈夫、という問題でもありません。
ただ、薬を持っておくことで、ちょっとずつ対応が可能になります。
備えあれば憂いなしですので、きちんと持っておきましょう。

どうやって対処するか

ぜんそくは大変辛い症状です。
すぐに吸入薬をお使いください。
普段お使いの薬があれば、すぐに服用しましょう。

気管支ぜんそくに悩まれている方は、少しだけ気分を落ち着かせましょう。
まずは落ち着いて、横になり、気分を整えましょう。
ハーブティー等を飲んで、体を暖めると良いでしょう。

結局、あなたの自己判断がいちばん大切になります。
どんな病気であっても、日頃から対処法を理解しておけば、それほど悪化することはありません。
昔の人に習って、早寝早起きを心がけましょう。

Comments are closed.