「認知症」のセルフメディケーション

認知症とは

加齢などで、脳の働きが鈍くなることや、脳細胞が死滅する事が原因で発症します。
従来は痴呆症と呼ばれており、高齢者の症状として認識されていました。
ところが、近年では若年性認知症という概念も生じており、現代社会と人間の脳との関係性が問われています。

一般論では、認知症は加齢に伴う症状として認知されていますが、認知症の進行には個人差があり、その傾向も様々であるため、それがすべてにおいて正しいとは限りません。
要するに、どのような対策をとるかが肝要であり、進行を抑えるために生活様式を改める必要も出てくる、ということです。

認知症に関する事例は山のようにあります。
近年では、高齢者の介護問題が浮き彫りになり、介護施設不足が懸念されています。
今後の対応によっては、大きな問題になることも予測されています。

認知症のセルフチェック

認知症かどうかは、介護施設の担当者と面接すれば分かります。
近頃は、介護保険の申請に必要な「認知度チェック」も行われており、その方がどの程度の認知症に該当するかが明白になっています。
ランク分けは、要支援(1、2)と要介護(1から5)となります。

認知症は自覚が薄い症状です。
そのため、周りの方の変化を見て、自分がボケてきたんだなー、と思う方も多いとか。
年を取ったら、生活スタイルに気をつけましょう。

多くの方が利用される方法が、デイワーカーの利用です。
軽度の認知症がある方を対象に、デイワーカーがデイケアを行います。
デイワーカーはプロですので、ご老人の認知症の程度にも詳しく、とても頼りになります。

認知症対策は難しい

認知症になると言う事は、あなたの脳細胞の現象が起こっていると言う事を意味します。
脳機能を維持し続けたいなら、年を取っても常に脳を使い続けるべきです。
これが、基本的な認知症対策です。

認知症対策を始めるうえで必要なことは、第三者に認知症の程度を伺うことです。
ご家族にあまり負担をかけないためにも、認知症になる理由を分析しましょう。
そうすれば、あなたの人生もずっと良い方向へ進むでしょう。

どうやって予防するか

これは非常に難しい問題です。
ただ、「人生」をどう過ごすかをイメージ出来れば、認知症の予防も簡単でしょう。

例えば、一生続けたい仕事がある方は、命を削ってでもその仕事に邁進されるでしょうし、年を取ってから第2の人生を考える方もおられます。
人によって行き方は千差万別ですので、頭の使い方がポイントになるでしょう。

一般論として、好きなことをしていればボケない、と言われます。
さらに、品行方正にふるまえばボケない、近所の方とよく会話すれば大丈夫、ともいわれます。
相手の気持ちを尊重し、常に親切であるよう、心がけるべきでしょう。

Comments are closed.