「脳卒中」のセルフメディケーション

脳卒中とは

脳卒中は、脳血管障害と言う病気を指します。
脳の血管が破れる事、もしくは脳の血管が詰まる事が原因です。
前者にはクモ膜下出血が、後者には脳梗塞が該当します。

高齢化社会となった日本では、この病気で死亡する高齢者が多くおられます。
もちろん、60歳未満の方も、この病気にかかる危険性があります。
脳卒中は突然発症しますので、日頃から予防に努めましょう。

脳卒中は初期段階のうちに治療を開始しましょう。
近頃では外科手術の領域も広がり、より苦痛の少ない方法を取れるようになりました。
ですので、お早めに検査を受けましょう。

脳卒中に気づく方法

脳卒中は、目に見えない病気です。
そのため、人間ドックでMRI検査をして、脳に異常がないかを調べます、

ただ、最近妙に疲れやすい、めまいがするといった自覚症状からも、隠れ脳卒中を見つけられます。
困ったことがあれば、すぐに病院へ行きましょう。

社会システムが高度化して、従来ではあり得なかった問題も発生しています。
ですが、その社会でどうやって生活するかはあなた次第です。
社会との付き合い方を通じて、自分の身の振り方を考えましょう。

脳卒中は塩分を減らして回避

塩分や糖分の取りすぎを回避すれば、脳卒中のリスクも下げられます。
塩分さえ減らせば良いのではなく、きちんと栄養のある食事を取りましょう。
そうすれば、全身のバランスを保てますし、きちんとした生活を送れるでしょう。

塩分が減ると味気ない、と感じる方は、ヘルシーな食事を心がけましょう。
ワインや水が美味しく感じたら、大成功です。
その食生活を続ければ、脳卒中のリスクも下がるでしょう。

日本の和食は、塩分が多く含まれていることが特徴です。
お年を召した方なら、減塩された料理をお召し上がりください。
味は薄いですが、その分長生きできるでしょう。

食事で脳卒中を回避したいなら、その食事がどのような影響を与えるかをイメージしましょう。
昔から日本で食されている、伝統的な食事を続けることがオススメです。
そうすることで、脳ばかりでなく、全身の機能を維持できるでしょう。

脳へのストレスを減らすべし

脳に負荷をかけている方は、脳へのストレスを減らしましょう。
脳へのストレスを減らせば、脳卒中のリスクも減らせますし、思考も冴えるでしょう。

脳へのストレスを減らす方法は、ご自分の普段の生活環境を見直すことです。
ストレスの要因となっている現象と向き合い、その原因を解除しましょう。

あなたがどこで暮らして、どのような生活を送るかは、あなたが自由に決められます。
もし、社会のルールがなじまないのであれば、あなたに合う社会を求めたほうが良いでしょう。
自分の人生をどう過ごすかで、結末も大きく変わるでしょう。

Comments are closed.