「心臓病」のセルフメディケーション

心臓病とは

心臓病は、人間の最も重要な臓器である心臓に関する病気の総称です。
心不全や心内膜炎など、さまざまな種類があります。

心臓病のほとんどは、心臓の外側の血管の流れが悪くなる「動脈硬化」が原因です。
この動脈硬化が進行することで、心筋梗塞などのリスクが高まり、結果的に死に至ることもあります。

心臓病は原因がはっきり分かっている分、脳卒中やがんよりも対応がしやすいです。
ですが、心臓に病を患うことで、生活に支障をきたすこともあります。
そのため、強心剤を持ち歩く方や、つえをついて歩く方もおられます。

予防は毎日の心がけが大切

心臓病になってしまう理由は、日頃の不摂生です。
心臓はその機能維持に全エネルギーを使っていますので、あなたの意志で心臓をいたわる事はほぼ不可能です。
ですので、日頃から体をいたわりつつ、きちんとした食生活を心がけましょう。

自分の心臓を直接鍛えることはできませんが、手足の神経を研ぎ澄ませることや、筋肉を鍛えること、骨をを丈夫にすることは可能です。
あなたがどうやって心臓病を防ぐかは、あなた次第です。
くれぐれも、自己チェックを欠かさないようにしましょう。

心臓病は常にリスクを抱える病気です。
ですので、自分のリスクと向き合うことが何よりも重要になります。
一つの症状にどう対処し、どうやって克服するか、このイメージを大切にしましょう。

心臓病は大きなリスク要因

どんな病気にもリスクや原因があります。
心臓病の場合、あなたがいつどこで何をしていたかがポイントになります。

あなたがお年寄りなら、積極的な運動は控えるべきでしょうし、生まれつき持病を抱えておられるなら、その治療を優先させましょう。
肝心なことは、あなた自身の事をあなたが理解する事です。
現在の状況から考えられる、最善の対処法を完成させましょう。

リスクだけを見れば、心臓病はとても怖い病気に見えます。
しかし、人間の心臓は、いつか寿命を迎えます。
ですので、心臓の機能を維持することも、非常に大切な事です。

どうして心臓病になるのか

心臓は、長く使い続けると、少しずつ血管がもろくなります。
そのため、ある日突然心筋梗塞になる事もあるのです。
ですので、がんとは違い、心臓病は予測が難しい病気なのです。

医学が進歩した現在においても、心臓病に関する問題は山積みです。
ですので、薬に頼るのではなく、ご自分でできることを探しましょう。
そうすれば、往々にして、心臓病のリスクを減らせるでしょう。

治療法の開発が進み、心臓病は不治の病ではなくなりました。
ですが、まだまだリスクの高い病であることに違いはありません。
心身にあまり負荷をかけず、リラックスして行動することを心がけましょう。

Comments are closed.