「糖尿病」のセルフメディケーション

糖尿病とは

糖尿病は、体内のインスリン濃度が低下したため、常に血糖値が高い状態となってしまう状態の事です。
高血圧とは異なり、血糖値はインスリンでしか変動出来ません。
ですので、注射などの方法で体外からインスリンを注入する必要があります。

糖尿病は、膵臓に原因のある1型と、肥満などが原因となる2型があります。
糖尿病が進行すると、喉が渇いたり、トイレが近くなる、体重が減る、疲れやすくなるなどの症状が出ます。
最大の特徴は、治療にかかる期間が長く、継続的にインスリンを注射し続ける必要がある事です。

糖尿病は成人男性の多くが罹患すると言われ、その対策が進められています。
ですが、いざと言う時にあなたを守ってくれるのは、あなたの生活習慣です。
あなたが糖尿病を避けたいなら、その事を十分自覚しましょう。

糖尿病を避ける方法

尿が赤くなったり茶色くなったら、すぐに病院に行きましょう。
糖尿だからと言って、尿が甘くなる事はありません。

糖尿病は痛風と関連していますので、ごちそうの食べ過ぎには注意です。
そして、偏食や野菜不足、睡眠不足や水不足に気を付けましょう。

どんな病気も日頃の心がけが大事です。
病気を意識するより、健康を意識しましょう。

ちなみに、病気を治すコツは、病気であることを受け入れることです。
小さなことで構いませんので、一度失敗してみましょう。
そうすれば、命のありがたみを実感できるでしょう。

糖尿病であることを受け入れよう

糖尿病は自覚しにくい症状です。
そのため、早期段階で治療に踏み切る事が大切です。

糖尿病は完治が大変難しいため、医師の指導のもとで治療に励む必要があります。
ですので、通常の方法では無理だと判断した場合は、独自の方法で治療に取り組みます。
そもそも、体のことを気遣える人は、食生活や運動習慣にも気を配れるでしょう。

糖尿病を治すコツは、水をたくさん飲むことです。
人の体は70%が水分で出来ているため、適度に水分を補給することが大切です。
いざと言うときに備え、水分補給を欠かさず行いましょう。

もし強烈なのどの乾きを覚えたら、体内のインスリン濃度が低下している可能性があります。
その場合は、水を飲まずにインスリンを注射しましょう。

医師の指示に従って

糖尿病は放置しておくと進行します。
必ず病院で診察を受けましょう。

インスリン注射は、糖尿病患者にとって必須の行為です。
慣れないうちは大変かもしれませんが、頑張りましょう。

どんな病気も専門家が治療することで、その効果を享受できます。
自己判断や思い込みといった、根拠のない治療は止めましょう。

ご自分の体は、ご自分のものであり、同時にご家族のためにあります。
できる限り、安穏な生活を心がけましょう。

Comments are closed.