‘病気とセルフメディケーション’ カテゴリー

「呼吸不全」のセルフメディケーション

呼吸不全とは

呼吸不全は、呼吸器に関する症状全般を指します。
主に肺や気管支に関する症状が該当します。
原因は、肺炎や敗血症などで、血液中の赤血球濃度が低下することです。

対応法としては、人工呼吸器の装着や、鎮静剤の投与などがあります。
その他に、呼吸不全を回避するための呼吸法や、メンタルトレーニングもあります。
スポーツ中の呼吸不全は、安全なところに移動した上で対処しましょう。

呼吸不全を改善する方法は、呼吸器を健康な状態にすることです。
肺や心臓などの問題を解決できれば、呼吸不全も解消できるでしょう。

呼吸不全の自己チェック

呼吸不全かどうかを確認するには、「口元」に手を当てることがコツです。
口を手でふさぐようにして、鼻で呼吸しましょう。

30秒以上呼吸が続けば、特に問題はありません。
ですが、30秒持たずに息が苦しくなったなら、呼吸不全の可能性があります。

そのほかの方法として、自律神経失調症かどうかを確認する方法があります。
目を閉じてその場でぐるぐる回り、目を回しましょう。

目が回ったとき、ずっと呼吸が苦しいままなら、呼吸不全の可能性があります。
ただ、すぐに呼吸が回復すれば、呼吸不全ではないといえます。

呼吸不全は入院の可能性も

呼吸不全は、心臓や肺に負担を掛けやすい状態です。
この状態で激しい運動をしてしまうと、息が切れ、立ちくらみを起こすかもしれません。
なるべく早めに対処しましょう。

呼吸不全を上手に対策する方法は、自分の呼吸器をよく見直すことです。
ふだんどうやって呼吸しているのかや、医師はどういった判断を下されるのか、ここが肝心です。
要するに、好きなことばかりしていてはいけない、ということです。

呼吸器は年齢に問わず、常に故障のリスクを抱えています。
健康のため、喫煙をやめ、飲酒はほどほどにしましょう。
体のことを考えることが、後の結果に繋がるでしょう。

若いころからの運動習慣が大事

呼吸器官を強くしたいなら、10代、20代からの定期的な運動が必要不可欠です。
心身ともに健康な状態を保ち、適度に運動しましょう。

どうやって運動習慣を身に付けるかといえば、それはあなたのイメージ次第です。
どんな体を作りたいか、とか、どんな筋肉を身に付けたいか、といったことを考えましょう。
そして、運動を楽しみましょう。

運動をあまり行ったことがない方が運動を始める場合、ストレッチを入念に行うことが必要です。
体の筋肉をほぐし、関節を伸ばしましょう。
そして、適度にジョギングやウォーキングを行いましょう。

慣れてくれば、心肺機能を高めるためのトレーニングや、より長距離のジョギング、ランニングなどに移りましょう。
ご自分の体を健康な状態に保つことが、一番大切です。