‘セルフメディケーションとは’ カテゴリー

お得なセルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制を活用してお得に生活出来る!

近年テレビなどでも取り上げられる機会が増えた言葉の1つが、セルフメディケーションです。
セルフメディケーションとは、病院などに通うことなく、自身でケアを行う、市販薬などを買ってケアをするという方法を指します。
このセルフメディケーションを導入する事で、より自分に合った治療方法を選択できると同時に、自分自身で考え、兼行管理をすることが出来るようになると言えるでしょう。

そんなセルフメディケーションですが、セルフメディケーションをより世に広めるために、2017年1月から、セルフメディケーション税制が導入されることとなりました。
セルフメディケーション税制とは、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2千円を超え、適用条件を満たした方が適用を受けられる制度です。

対象者となると、所得控除となることを始め、一部を現在されるようになりますので、非常にお得に生活をすることが出来るようになります。
また対象となるOTC医薬品の年間購入額の上限は8万8千円ですが、まとまると非常に重要な差になりますので、十分チェックをしておきましょう。

対象者となるのはどんな人?

セルフメディケーション税制の対象となる方は、特定の3つの条件を満たしている方があげられます。

一つ目は、対象となるOTC医薬品を、12000円を超えて購入していると言う方です。
扶養家族分も合算をして計算することが出来、レシートを取っておくことで、申告することが出来るでしょう。
二つ目は、所得税、住民税を払っている方です。
こうした税金を払っていないと、残念ながら対象外となってしまいますので、注意が必要です。
三つ目は、一年間で健康維持や病気の予防をするための取り組みを行っているということがあげられます。
こちらは例えば、健康診断や健康検査、予防接種やガン検診など、一定の取り組みが対象となるので、積極的にこうした検査を受けるようにして下さい。

このように、自分の健康を自分で守ってもらう為にも、こうした政策を積極的に取り組んでいる方が多いでしょう。

OTC医薬品はどんな物が対象?

対象となるOTC医薬品は、製品のパッケージを見れば認識することが出来ます。
セルフメディケーション税控除対象というマークがパッケージに記載されていれば、対象の商品ですので、積極的に購入をしていきましょう。

対象商品を購入したレシートがないと、申請に使うことが出来ませんので、絶対に忘れずにもらい、保管をしておいて下さい。
新しいパッケージに対象商品が入れ替えられていないだけで、対象となっている商品もありますので、レシートをしっかりチェックして、☆マークが付いているか確認して見て下さい。