太田胃散

○「胃薬」として有名な太田胃散
「なんか食べすぎたな…」「飲み過ぎたのか、どうも胃がもたれる」という時に飲むのが「太田胃散」というという薬です。
太田胃散はとっても有名なお薬の一つなので、知っているというひともおおいはずです。
太田胃散は、なんと明治12年に作られたとても歴史のある薬。
外国人が、外国の食事をたべて胃もたれをする人のために作ったものを、日本の製薬会社が知識として授かり、今まで製造を続けてきました。
今の日本は、和食より洋食をというひとが多い国です。
そのことを考えれば、太田胃散は「今の時代にこそ真価を発揮する薬」と言えるのではないでしょうか。
時代を超えて愛され、利用されている太田胃散の存在を、私たちは忘れてはいけません。

○「生薬」の太田胃散
太田胃散の大きな特徴は、自然の成分である「生薬」を使っているということ。
薬にはいろいろな種類がありますが、太田胃散のこわりはあくまで「自然の成分をしようする」というもの。
私たちの身近にある植物から抽出した成分を使って構成され、だからこそ体に優しいのです。
このようなシステムの太田胃散は、やはり明治時代に作られた薬であるということが影響しているでしょう。
強い成分を使うのではなく、自然の成分をつかって丁寧に作られたお薬。それが、太田胃散という薬であるということではないでしょうか。
「体に優しい薬を」と考えている人に、オススメしたいお薬です。

○太田胃散の効能について
まず、よく効くと言われているのが呑み過ぎです。
また、胸やけや胃もたれ、食べ過ぎ、吐き気、嘔吐など、食べ過ぎによっておきる症状全般に役立つことが解っています。呑み過ぎてつらいな…とおもったら、ぜひこの太田胃散を試してみてください。
きっと、良い効果を得ることができるはずですよ。
ただし、きちんと決められた量は守ること。
薬というのは、多くのんだから効果が高くなるものではないということを、しっかりと認識しなければなりません。これがわりと守れていない人が多いので、注意しましょう

○どの種類を選びますか?
太田胃散を飲む場合、どの種類を選びますか?
太田胃散は、粉薬から内服液、錠剤などがありますので、自分に合うものを選んでみるといいでしょう。
また、中には「水を使わなくても利用することができるもの」もあります。
ぜひ、自分に合った「飲みやすいもの」を選んでみて下さいね。自分にとって飲みやすいものを選んでみるといいでしょう。

Comments are closed.