ストレスとの上手な付き合い方

○ストレスは万病のもと
年齢を重ねるごとに、「ストレスは万病のもと」という言葉を実感するようになる人も多いはず。
それでなくても、ストレスフルと言われる現代社会ですので、そこから脱出できるような「自分なりの方法」を模索しておくことは、とっても大切なことだと思います。ストレスというのは、単にイライラして不快な気持ちになるだけでなく、体のあちこちに「悪い影響」を与えるものでもあります。
みなさんは、「ストレスで血圧が上がる」のをご存知ですか?
ストレスを感じると血圧は上がりますし、血糖値だって上がるのです。それだけでなく、自律神経に影響が出ることも解っており、自律神経失調症などの病気につながってしまう可能性も。他にも、うつ病をはじめとする精神病とストレスは、非常に深い関係があると言われています。
日常生活において、ストレスはためないことが一番ですが、それでも「生きている以上、たまってしまうのもストレス」ですので、注意をしなければなりません。健康に生きていくためには、ストレスとの上手な付き合い方を覚えていく必要があるのではないでしょうか。
ストレスというのは、知らないうちにたまって、気付いた時は爆発寸前になってしまっていることも珍しくはありません。その様なことが無いように、日ごろから「ストレスとの上手な付き合い方」を意識していくことができるといいですよね。

○気分転換をしましょう
ストレス解消をするには、やはり「気分転換」がとっても大事。
この気分転換も、コツがあるんですよね。
例えば「ストレス解消には美味しいものを食べるのがいいよ」と言われても、それがまた別のストレスにつながってしまう人もいるわけです。ストレスを上手に解消するなら、やはり「自分にとってどんなことがストレス解消にいいのか」を考えていかなければなりません。
自分にとって、ストレス解消になるものは何か。それをしっかりと考えていくことが、ストレスを解消するのに必要なことだと思います。
また、自分の時間を作る努力をすることも大事。
忙しい日々が続くと、どうしてもストレスがたまりますよね。そういう時は、ちょっとムリをしてでも「ストレスを解消する時間」を作りましょう。
そうやってストレスを解消することが、仕事の効率を良くすることもあります。
自分にとって、何が一番良い息抜きになるのかを考え、実行することができる様になると良いですね。
こういった努力も、健康を守る秘訣になるのでは?と感じます。

Comments are closed.