食欲不振・味覚障害

薬の副作用で起きてしまう、食欲不振や味覚障害について

薬の副作用の代表例の1つが、食欲不振や、味覚障害です。
味に関して、食に関してのトラブルが発生する事は多く、薬を飲み始めてから、同じ市販のお菓子でも味が変ったように感じるという方は少なくありません。
もちろん、薬を飲むのを辞めたら自然と治る方が多く、健康になるとともに、味覚や食欲も元に戻っていくと言えるでしょう。

食欲不振となってしまう原因の1つが、胃が荒れることで起きる物です。
薬を飲むことで胃の壁があれてしまう副作用は非常にメジャーですが、胃が荒れてしまった結果、食欲がなくなる傾向があるでしょう。
食欲不振の症状がある方は特に、どう頑張っても薬を飲み終わるまでは症状が落ち着かないことが多いため、まずは健康な体をゲットする必要があります。

食欲不振や味覚障害は薬を飲むのを辞めれば徐々に落ち着く

食欲不振や味覚障害は、薬を飲むことで起きる副作用ですので、薬を飲むのを辞めれば、徐々に症状が改善し落ち着いて行きます。

味覚障害の場合は、亜鉛不足、唾液分泌の低下、味細胞や神経の障害などによって起きることがほとんどです。
いずれの場合も、薬の副作用がそもそもの原因で起きていることがほとんどですので、いずれにせよ、薬を飲むのを辞めるまではなかなか落ち着きません。
少しでも早く障害を改善させるためには、早めに薬を飲むのを辞めることが出来るように、元気な体を取り戻しましょう。

また、薬によっては,自分に合っていないクスリを飲んで言うため、副作用が起きている可能性があります。
もちろんそれも大きな原因の1つとしてあげられますので、試しに医師や薬剤師に相談をして、違う薬を飲んでみるというのも1つの手と言えるでしょう。

料理を仕事にしている方にとっては致命的?

このように、薬によって味覚障害や食欲不振などが起きることもありますので、日頃仕事で料理をされているという方などは、薬の服用には十分注意をしましょう。

風邪などの場合はそもそも厨房に立つことが出来ないと思いますが、痛み止めなどの薬でも、薬と名のつくものは、全て副作用が起きる可能性を持っています。
副作用によっては、味が大きく変ったと感じることも多いため、よく考えて薬選びをすることが大切です。

味覚障害の場合は特に、歯磨きやうがい、亜鉛製剤の使用などで、症状が改善することもあります。
ですが、根本的な薬の服用をどうにかしないと、イタチごっこになってしまうでしょう。
出来るだけケアを行いながらも、薬を飲まずに済むように、早くケアをする、または、違う薬を試させてもらって、自分に合っている薬を探してみるようにして下さい。

Comments are closed.